August 26, 2022

I never dreamed of success, I worked for it.(成功を夢見たことはありません。 成功に向けて努力したのです)これは、まだ女性が働くことすら珍しかった時代にブランドを創業したエスティ・ローダーの言葉。あらゆる人の力、そして自分自身の力を誰よりも信じ動き続けた彼女は、誰もが持つ無限の可能性を信じることの大切さを伝えてきた。そんなメッセージを広く届けるため、エスティ ローダーでは「I‘M MY OWN HERO 明日はもっとなりたい私へ」というキャンペーンを展開している。

では、実際に自らの可能性を広げている人々の内側には、どのような思いや信念があるのだろう?Discoverでは、自らの手で未来を切り開いている人々の7つの言葉とエピソードから「明日、もっとなりたい私」を叶えるためのヒントを探る。

今回話を伺ったのは、先日エスティ ローダーのブランドインフルエンサーに就任した申真衣さん。ベンチャー企業の経営者、フェミニスト、2児の母。また雑誌「VERY」でモデルとして活動するなど様々な顔を持ち、多方面で活躍。枠に囚われず自らの可能性に臆することなく手を伸ばし、彼女ならではの人生を歩んでいる申さんは、まさにエスティ ローダーが掲げるフィロソフィーを体現する存在。肩書きや経歴を見ると、とてもパワフルに見える彼女だが、撮影現場に現れた彼女はとても自然体で、凛としつつも飾らない姿が印象的だった。普段考えていることやどんな風に自分自身に向き合っているのか、そしてこれから挑戦していきたいことについて、今の気持ちを素直に語ってくれた。

これまで、映像で自分自身について語る機会はなかなかなかったという申さんの言葉は、柔らかに私たちの心にパワーを届けてくれる。ぜひ、映像を楽しんで!

 

申真衣
「VERY」(光文社)専属モデル ベンチャー企業役員

VERYカバーモデルでもあり、ベンチャー企業の取締役社長も務める。ロジカルな考え方を基にしたファッション・美容からライフスタイルまで、あらゆる世代から支持を集める。プライベートでは6歳と1歳の女の子ママ。

VERY 2022年10月号
申 真衣さんの〝明日の自分が好きになる〟7CHANGES
詳しくはこちら>>

Top