• 調合のプロ

    父マックスが経営する日用品店のウィンドウ ディスプレイを任されていたエスティ。やがて皮膚科医の叔父、ジョン シャッツの仕事を受け継ぐことに興味が湧いてきました。シャッツ氏はエスティに、洗顔には洗浄力の強い石けんよりもオイルの方が良いことや、彼が考案した、ユニークで何にでも使えるスキン クリームの作り方などを教えました。「それは質のよいベルベットのような肌触りのクリームでした。魔法のようにうっとりする香りがして、ひと塗りで肌をシルクのようになめらかに整え、どんな欠点もなかったことにしてくれるのです。それも夕方まで。」 エスティはその体験を思い出し、そのすべての目的を叶えるリッチなクリームを自分でも作ってみました。それはエスティに初めて訪れた、「美しさを創りだす力」に突き動かされた瞬間でした。

Top