• 才能の遺伝子

    「私が物心がついて最初に美しいと思ったのは、私の母です。」とエスティは語ります。母、ローズが丁寧に肌のお手入れをする姿は、エスティの幼少の頃の記憶に刻まれていました。肌をしなやかに、やわらかく保つため、顔と手にクリームをたっぷりとのせ、くるくるとすべらせる所作。「どんな家系図よりも、手はあなた自身を語るものよ。」と、ローズは感性豊かな娘に語っていました。

Top