• 若き日の恋

    ニューヨーク、モヒガン湖で過ごした夏の間に、エスティは初恋の人、ジョセフ ローターと出逢いました。のちにジョセフは、オーストリアから自分の父親が米国へ移住した際に起きた綴りの誤りに気づき、姓を「ローダー」に改めます。ふたりは1930年に結婚し、マンハッタンに新居を構えました。純白のカラーの花を手に、“世界で一番長いトレーン”と呼んだサテンのガウンを着たエスティ。その結婚式において、彼女は生まれて初めて、愛する人のためにリップスティックをまとう瞬間の幸せを知り、その後もその気持ちを持ち続けることになりました。

  • 若き日の恋

    ニューヨーク、モヒガン湖で過ごした夏の間に、エスティは初恋の人、ジョセフ ローターと出逢いました。のちにジョセフは、オーストリアから自分の父親が米国へ移住した際に起きた綴りの誤りに気づき、姓を「ローダー」に改めます。ふたりは1930年に結婚し、マンハッタンに新居を構えました。純白のカラーの花を手に、“世界で一番長いトレーン”と呼んだサテンのガウンを着たエスティ。その結婚式において、彼女は生まれて初めて、愛する人のためにリップスティックをまとう瞬間の幸せを知り、その後もその気持ちを持ち続けることになりました。

  • 若き日の恋

    ニューヨーク、モヒガン湖で過ごした夏の間に、エスティは初恋の人、ジョセフ ローターと出逢いました。のちにジョセフは、オーストリアから自分の父親が米国へ移住した際に起きた綴りの誤りに気づき、姓を「ローダー」に改めます。ふたりは1930年に結婚し、マンハッタンに新居を構えました。純白のカラーの花を手に、“世界で一番長いトレーン”と呼んだサテンのガウンを着たエスティ。その結婚式において、彼女は生まれて初めて、愛する人のためにリップスティックをまとう瞬間の幸せを知り、その後もその気持ちを持ち続けることになりました。

Top