緑の恵みとともに:“ムーン ジュース”の設立者、
アマンダ シャンタル ビーコンの家で。
Lifestyle: 肌の内側へ

Moon Juice’s
Amanda Chantal Bacon

「美しさをつくるのは健康。それを保つためには、良いものを食べること。」
ミセス エスティ ローダーの
この格言が生きる、
アマンダへのインタビュー。

ニューヨーク生まれの起業家、アマンダ シャンタル ビーコン。健康的な食生活がトレンドになるずっと前から、彼女はその大切さを知っていた。「小さい頃の私はとても病弱だったの。それを救ってくれたのが、アーユルヴェーダの医師よ。」広汎性の呼吸器合併症という難しい病気だったアマンダには、抗生物質も病院の処置も効き目がなかったそう。「アーユルヴェーダの医師は私をすぐに診断してくれて、砂糖、小麦、乳製品を食事から取り除くように勧めたわ。そしてたった3日で良くなったの。」と語る。「食事で体に摂り入れるものが、人の体をどれほどドラマティックに変えるのか、この時に初めて知ったのよ。」

これこそ、アマンダが今も追究しつづけているテーマ。彼女は米国、南米、ヨーロッパ中を旅し、ときには暮らしながら、東洋医学やホスピタリティ、健康な食事について研究してきた。そして2005年、L.A.へたどりつく。南カリフォルニアの豊かな農作物と、スロー フードの権威、かつ著名な女性シェフのスザンヌ ゴインの下で働くという魅力的な仕事に惹かれたのだ。「フルーツと野菜のためにL.A.へ引っ越したなんて、10年前には誰にも言えなかったわ。」そう笑うアマンダは、現在31歳。やがて、厨房での仕事よりも素材そのものに夢中になり、塩や油を手放してひたすらジュース作りに没頭することになった。アマンダお手製のジュース レシピは、彼女のキャリアだけでなく、肌の調子まで変えていく。「その人の内臓で起きていることを、肌はダイレクトに映しだしているの。たとえばこの “腸内浄化グリーン ジュース”は、体をアルカリ性にして、腸の働きを助けてくれるわ。」アマンダは自分の経験をまじえ、こう確信している。

自分の体に起きたさまざまな変化をきっかけに、アマンダは第一子を妊娠中の2011年、“ムーン ジュース”の最初の店舗を開くことになる。場所はL.A.の海岸沿いの街、ベニス。「私がやりたかったのは、最高の食材と、私が学んできたさまざまな代替医療の効果を組み合わせること。」これが、コールド プレス製法のジュース バー、”ムーン ジュース”のコンセプトとなった。L.A.で既に2店舖をオープンし、今後も出店を予定している。2冊のレシピ ブックの企画のほか、最近力を入れているナッツ ミルクや、”ダスト”と名付けられたパウダー状サプリメント、体に良いスナックなど、さまざまなレシピの開発に取り組んでいる。(EstéeStoriesのために作ってくれた、アマンダのビューティ ミルク レシピはここをクリック。)

「アメリカのこんな小さな街に、バーレーンから毎日注文が来るの。これはみんなが、健康に気をつけはじめたことを表しているのよ。」と、アマンダ。「“ムーン ジュース”は、いわばそのムーブメントの指標なの。」 ESTĒE STORIES編集部は、新たにL.A.のベニスから緑豊かなラスティック キャニオンに引っ越したアマンダに、どうやってきれいな腸や輝く肌を手に入れているのか、そしてなぜ赤いマニキュアに心惹かれるのかをインタビューしてみた。

その人の顔を見れば、腸の中で何が起こっているかがわかるわ。

ESTĒE STORIES編集部(以下、編): あなたを一躍有名にした“ムーン ジュース”。たくさんの似たような製品も生まれているけれど、違いはどこにあるの?

アマンダ:「私のジュースの一番の特徴は、正真正銘、オーガニックで新鮮なこと。でも、ジュースに決まりはないし、たとえ他のジュースが私の基準で作られていなくても構わないと思う。少なくとも、健康を意識するきっかけになるし!」

編:肌の透明感や輝きのために役立つ食べ物って、なにかある?

アマンダ:「肌については、体の内側からケアを考えなきゃいけないの。私は誰かの顔を見れば、いつも、腸の中で何が起こっているかがわかるわ。まずは内臓、腸をきれいにしなきゃね。クリームやオイルを肌の上に塗るのはそのあと。」

編:どうやって腸をきれいにすればいいか、詳しく聞かせて。

アマンダ:「一番いい方法は、発酵食品を摂ることよ。それは腸の中の悪玉菌が増殖するのを防いでくれる善玉菌を含んだ、プロバイオティクスで満たされているから。私の好きな発酵食品は、ココナツ ヨーグルトやナッツ、植物の種でつくるシード チーズ、プロバイオティクスを加えて調理した野菜。食料品店ではちょっと手に入りにくいものだけれど、身体にいいのよ。ほかに、どの食品が酸性で、アルカリ化してくれる食品は何かを意識することも大切ね。私はみんなに、ハンバーガーやグラス1杯のワインも摂らないように、なんて言わないわ。ただ次の日、グリーン ジュースや緑色の野菜を摂って、バランスを保つことを忘れないでほしいの。」

編:あなたの好きなスキンケア アイテムは?

アマンダ:「ローズ ウォーターが大好きで、定番のケアといえばこれね。それに、ナッツ ミルクを作るときに出る繊維を、いつも顔のスクラブに使っているわ。冷蔵庫の中にとっておいて、シャワーの時に使うの。」

編:メークアップはどう?毎日のルーティンとして、カラー メークやパウダーを使ったりする?

アマンダ:「あまりメークはしないけれど、時々軽くマスカラをつけるのは好き。私にとってはこれさえすごく大ごとなんだけれど、気持ちをワイルドにしてくれるわ。それに赤いネイルね!いつも料理をしているし小さい子供もいるから、しばらくネイルをしていなかったのよ。でもこのEstéeStoriesの撮影で爪を赤くしたら、気分が上がった。自分の手を見て思ったの、「ねえ見て!私は女性なのよ!」

Photos:シシリア ピリング

Shop the Story

紹介されている製品

Top