エスティ ローダーの新発見
ブルーライトは、肌に影響を与えるという事実。

エスティ ローダーの新発見
ブルーライトは、
肌に影響を与える
という事実。

エスティ ローダー研究所は、夜間にブルーライトを浴びると体内時計であるサーカディアンリズムが乱れ、
肌修復が妨げられることを初めて実証しました。

エスティ ローダー研究所は、夜間にブルーライトを浴びると体内時計であるサーカディアンリズムが乱れ、肌修復が妨げられることを初めて実証しました。

ブルーライトとは?

ブルーライトとは?

  • 可視光線の中で最もエネルギーが高い波長の光
  • UVAやUVBよりも肌に深く浸透
  • 太陽光の一部
  • パソコンやテレビ、タブレット、スマートフォン、街灯、LED照明からも放出。つまり、現代の生活はブルーライトに囲まれているのです。

ブルーライトが、肌に及ぼす影響。

ブルーライトが、
肌に及ぼす影響。

  • 日中:体に“起きて活動する時間”を認識させます。
  • 夜間:体に“起きて活動するべき時間”と錯覚させ、本来の夜間のリズムを乱します。
日中 夜間           日中夜間

エスティ ローダー研究所は、わずか30分ブルーライトを浴びただけで、
夜間の肌修復のシグナルが60%も減少することを実証しました。
※in vitro試験において

エスティ ローダー研究所は、
わずか30分ブルーライトを
浴びただけで、
夜間の肌修復のシグナルが60%も
減少することを実証しました。
※in vitro試験において

ダメージの蓄積は、エイジングのサインとなって現れます。

ダメージの蓄積は、
エイジングのサイン
となって現れます。

ブルーライトやその他の環境要因によって、
肌細胞のサーカディアンリズムが乱れると:

ブルーライトやその他の環境要因によって、肌細胞のサーカディアンリズムが乱れると:

  • 肌本来の自己修復力と肌細胞の浄化作用が低下
  • フリーラジカルの産生や炎症の増加
  • ダメージが蓄積され、シワやクマ、むくみなどのエイジングのサインが出現
健康な肌ダメージを
受けた肌
健康な肌ダメージを
受けた肌

世界中の女性の約3人に2人が、
最初のエイジングのサインを
目もとに感じています*
*6,013名の女性に実施した調査に基づく

世界中の女性の
約3人に2人が、最初の
エイジングのサインを
目もとに感じています*
*6,013名の女性に実施した調査に基づく

目のまわりの皮膚に、
特に現れやすい理由とは?

目のまわりの皮膚に、
特に現れやすい理由とは?

  • 顔の他の部分より40%も薄いデリケートな皮膚
  • 毎日10,000回以上も繰り返されるまばたき
顔の皮膚目のまわりの皮膚 顔の皮膚目のまわりの皮膚

目もとにダメージを
受けやすくなる要因は?

目もとにダメージを
受けやすくなる要因は?

  • 睡眠不足
  • 紫外線や大気汚染、PM2.5を含む微細な有害物質などの環境要因
  • 加齢やホルモンバランスの乱れ、そして“ブルーライト”

エイジングを早めて、
さまざまな肌悩みをもたらします。

エイジングを早めて、
さまざまな肌悩みを
もたらします。

  • 小ジワやシワ
  • クマ
  • むくみ
  • 乾燥 など
Top